家族葬の森の庵 「春彼岸」

お彼岸は3月の「春分の日」春彼岸 と 9月の「秋分の日」秋彼岸があります。
その前後の3日を合わせた7日間を彼岸といいます。
年に2日あるお彼岸では、それぞれの初日を「彼岸の入り」、終わりの日を「彼岸明け」といい春分の日・秋分の日を「中日」といいます。
※お彼岸の期間はその年ごとに変わります。

お彼岸の時期には季節が変わりお墓参りしやすい安定した気候になるのも特徴です。

「彼岸」の本来の意味としては煩悩を脱した悟りの境地のことを言います。
三途の川をはさんで、私達の住んでいる世界を此岸(しがん)といい、向こう側(仏様)の世界を彼岸(ひがん)といいます。

今日がちょうど、中日の日にあたります。

あいにく、今日は雨だったのですが、、、

彼岸入りの日には、お仏壇やお墓をきれいに掃除しましょう。

私も明日お墓の掃除にいきたいと思います。