葬儀に行くときの服装。宗像市の家族葬森の庵がお教えします

通夜や葬儀・告別式に参列する際、身だしなみは最低限気をつけたいところ。参列した時に恥をかかない為にも、基本は押さえておくことが大切です。

 

・男性の服装マナー
男性が葬儀・告別式に参列する場合は準喪服であるブラックスーツを着用するのが基本です。正式(モーニング・和装など)と略式(ブラックスーツ・ブラックフォーマルと呼ばれるもの)があります。
参列する側は、故人を偲ぶための正装をするという意味で、略式の礼服を着用します。
仮に正式のものを持っていたとしても、親族よりも格が上にならないようにするため、略式の喪服を着用しましょう。通夜の時はダークスーツ(濃紺や濃グレー)で、シングルとダブルのどちらでもかまいません。いずれの装いでも、白い無地のワイシャツと黒のネクタイ、黒の靴下、シンプルなデザインの靴を着用することに注意しましょう。本来、喪服は葬儀・告別式の時に着用する物ですが、最近は通夜も喪服で参列する傾向にあります。

 

・女性の服装マナー
男性の場合と同じく、女性も通夜から告別式まで喪服で参列するというのが最近の傾向です。しかし、通夜では寒色やグレーなどの地味な服装にし、葬儀と告別式でブラックフォーマルを着るというのが本来のかたちです。
喪服は黒のワンピースかアンサンブル、またはツーピス、黒のブラウスとスカートでもかまいません。靴は黒の布製の物を選びます。もしなければ、飾りのない黒のパンプスでも結構です。

 

男性、女性にかかわらず、喪服はオールシーズン着用できる物を準備しておきましょう。

 

ある程度の知識がないと葬儀の会場に行って、「一人だけ浮いてしまう」ことにもなりかねません。
葬儀に関する事前相談は宗像市にある森の庵でご相談ください。