お通夜、葬儀・告別式の違いご存知ですか? 宗像市の家族葬森の庵がお答えします。

近年は葬儀と告別式が同時に行われており、都合がつかない場合はお通夜のみ、あるいは葬儀・告別式のみに参列するという人が増えています。また、地域によっても通夜を重視するか葬儀・告別式を重視するかが異なる場合もあります。

 

その為に、まずは自分が何に参列すべきなのか、「通夜」「葬儀」「告別式」にどのような意味合いがあるのかを知ることが大切です。

 

・通夜
通夜とは死者を葬る前に、親族や知人などが故人のそばで一夜を過ごし、供養したり別れを惜しんだりすることです。以前は夜を通して行われていましたが、近年では1時間から3時間程度で終わる「半通夜」も増えてきました。
また、葬儀や告別式に参列できない人が故人とお別れをする場にもなっています。

 

・葬儀
葬儀は、親族や知人が故人の冥福を祈り、故人を葬る儀式のことです。
宗教や宗派によって異なる場合もありますが、僧侶による読経、神官による祭司、しのびの歌の奉唱、聖書の朗読、祈祷、焼香、出棺、火葬などが葬儀にあたります。

 

・告別式
告別式は、親族や知人が故人に対し、最期の別れを告げる儀式のことです。
葬儀と混同されることが多いですが、厳密には異なるものです。
葬儀は死者の冥福を祈り葬る儀式に対し、告別式は親族や知人が故人に最期の別れを告げる儀式です。玉串奉奠や献花などが告別式にあたります。

 

では、自分がどれに参列するべきか?
それは…「自分にとってなくなった方の関係性」によります。

 

・親戚(三親等)の場合→ 通夜、葬儀・告別式の両方

 

・知人 友人の場合  → 通夜か葬儀・告別式のどちらか

 

・職場の上司や同僚  → 一般的に通夜のみ
それぞれの意味合いを知ることで自分が何に参列するべきか理解できるのではないでしょうか。

 

宗像市にある家族葬の森の庵では、葬儀にまつわる相談や質問等を随時受け付けております。
いざという時慌てない為にもぜひ森の庵へお越し下さい。