キリスト教式の献花の仕方は?宗像市の家族葬森の庵がお答えします。

%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e6%95%99%e5%bc%8f%e3%81%ae%e7%8c%ae%e8%8a%b120161118

 

キリスト教式では、カトリックでもプロテスタントでも献花が行われます。献花は聖書朗読、聖歌斉唱、神父や牧師の説教の後に行われ、白い菊や、カーネーションを献花台に捧げます。
順番が来たら花を渡されるので、花の部分が右手側にくるように両手で受け取ります。

 

祭壇に向かって一礼した後、祭壇の前に進み一礼してから、花が手前、根元が祭壇に向くように両手を右回りにまわし、献花台に花を供えます。台の上に花を置く時は必ず両手で供えましょう。
花を供えたら黙祷か十字を切り、一歩下がって深いお辞儀をします。そのあと遺族と神父や牧師に一礼をして席に戻ります。

 

キリスト教では死ぬ事は永遠の命の始まりである事と考えられています。そのため葬儀ではお悔やみの言葉は述べません。

 

宗教や宗派によって方式も変わりますので、遺族に対して失礼のないように、ぜひ、宗像市にある家族葬の森の庵にお越し下さい。