宗像市でキリスト教の葬儀、通夜の祈り、前夜式 家族葬・森の庵

 

 

キリスト教には、もともと通夜というものはなく、

現在キリスト教式で行われている通夜は日本独自のものです。

 

カトリックでは通夜のことを「通夜の祈り」、

 

プロレスタントでは「前夜式」と呼び、教会や自宅、斎場で行われます。

 

式では、聖歌または讃美歌の斉唱、神父もしくは牧師による聖書の朗読や説教、祈祷、仏式の焼香にあたる献花などが行われます。

 

式の後は、故人を偲んで簡単や会食や茶話会をするのが一般的です。

 

仏式のお通夜とは異なり、アルコール・お酒はでません。

 

宗像市の森の庵では、キリスト教の葬儀・通夜の祈り・前夜式にも対応いたしております。

%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e6%95%99%ef%bc%92
森の庵はスッキリとした料金体系をご提示いたします。
お葬式に対する不信感の原因は、

何のための費用か分からない

これって、本当に必要?

というような、分かりにくい仕組み。

森の庵は、全ての項目についてしっかりご説明いたします。
故人様ご遺族様が心から望まれるお葬式となるために、ご予算につきましても安心してご相談ください。
真心こめてご葬祭プランをご提案いたします。
お気軽にお問い合わせください。