お葬式の豆知識

宗像市における葬儀のマナー(服装編)


 

最近の葬儀では、近親者のみの参列となり、服装のマナーもあまり気にしなくていいのでは?とお思いかもしれません。
 
しかし、葬儀においても服装のマナーは存在します。きちんと知っておけば、突然の訃報にも慌てず対応できるため前もって確認しておきたいですね。男女別、子どもの場合と異なるため、それぞれチェックしておきましょう。
 

 

葬儀を行う際の正しい服装は?

  礼服には、亡くなった故人に対する哀悼の意味を込められているため、葬儀でもブラックスーツまたはブラックフォーマルを着用しましょう。ここでは男性や女性、子どものそれぞれにおける服装のマナーについてみていきます。服だけでなく、靴についてもあわせてチェックしておきましょう。

 

【男性の場合】

 

男性は以下のような服装が望ましいでしょう。

 

  • ブラックスーツ
  • ブラックフォーマル
  • 白いワイシャ
  • 光沢のない黒いネクタイ

 

靴下や靴、ベルトといった小物も黒で揃え、いずれもデザインの派手でないものを選びましょう。靴は金具のついていないタイプがベストです。黒で統一することはもちろん、清潔感に気を配ることも重要。スーツやシャツにシワがないか、髪の毛やヒゲはきちんと整えられているかなどチェックを忘れないようにしましょう。

 

【女性の場合】

 

女性の場合は以下のような服が望ましいでしょう。

 

  • ブラックスーツ
  • ブラックフォーマル
  • 男性とほぼ同じですね。

 

アンサンブル、ワンピースどちらでもかまいませんが、スカート丈に注意。膝丈からふくらはぎ丈とし、露出に気をつけましょう。足元は30デニール以下の薄手のストッキングに光沢のない3〜5cmほどのヒールパンプスで、いずれも黒を選びます。

 

【子供の場合】

 

子供の場合は以下のような服装が望ましいでしょう。

 

  • 学校の制服
  • モノトーンやベージュの服
  • グレーの服(チェック柄や色合いが明るくても制服であれば問題ありません。)

 

制服がない場合、可能なら柄のない無地の服を選びたいですね。靴はあれば光沢のない黒い靴を履かせますが、なければあまり派手でないデザインで白やネイビーなどでもかまいません。

 

葬儀の案内状に平服でも可と書いてあった場合はどうする?

 

葬儀の案内状に平服でお越しくださいとの記載があった場合、お通夜であれば問題ありません。そもそもお通夜は「急な訃報にとりあえず駆けつけた」という意味で、平服で参列するものでした。実際に出先から駆けつける場合も多く、礼服に着替える余裕がないことも。

 

ただし平服とは普段着のことではなく、暗色系のスーツやワンピースのことを指します。靴も光沢が目立たない、できるだけダークカラーのものを選びたいですね。告別式では喪に服すという意味で、礼服を着用するのがマナーです。
 
前述したマナーを参考に、参列するのにふさわしい服や靴を身につけましょう。「身近な人だけの葬儀なら服装にあまり気を使わなくてもいいかな」と考えていた方は要注意です。