お葬式の豆知識

宗像市における家族葬とは?

 

近年、全国的に「家族葬」を行う方が増加しています。宗像市でも多くの方が葬儀を行う際は「家族葬」を選ばれます。一方で、葬儀をご検討される方から「家族葬とは何?」といったご質問を頂くことが多くあります。今回は、「家族葬とはどのようなものか」「家族葬を行うときのポイント」についてご紹介いたします。

 

宗像市における家族葬とは?

家族葬とは近親者のみで執り行う葬儀ですが、明確な定義はありません。故人の家族や親族、親しい友人を中心に、参列者を限定した小規模な葬儀を家族葬と呼びます。

 

参列者が少ないために遺族の負担も少なく、ゆっくりと故人のお見送りをしたい方々によって家族葬は選ばれています。また、「葬儀を大げさにしたくない」「限られた参列者の方々を心からおもてなししたい」なども家族葬が選ばれる理由のようです。

 

一般葬や密葬と異なる点は?

最近では珍しくなくなってきたとはいえ、まだ誤解も多い家族葬。ここではいわゆる通常の葬儀である一般葬や、家族葬と混同されやすい密葬と家族葬との異なる点についてチェックしていきましょう。

 

家族葬と一般葬の異なる点

家族葬と一般葬で異なる点は参列者です。親しい親族や友人を中心に参列を依頼する家族葬と違い、一般葬では広く参列者をお呼びします。親族や友人はもちろん、職場関係やご近所の方々、さらには喪主の友人や職場の方々までお声がけする場合も多々あります。そのため一般葬では参列者数が多く、大きな規模での葬儀となるのが通常です。

 

家族葬と密葬の異なる点

家族葬が近親者のみで執り行う葬儀であるのに対し、密葬も同じく近親者のみで葬儀を執り行います。ただし家族葬と異なるのは、その後、あらためて一般の方々をお呼びし、本葬を行うという点です。通常、参列者が非常に多くなる場合に採用され、有名人や著名人、芸能人などの葬儀の際に密葬が執り行われるケースが多くみられます。

 

家族葬のQ&A

①家族葬で対象となる参列者は?

家族葬だからといって、文字通りに「家族」のみが参列の対象となるわけではありません故人の生前に深い親交のあった友人や知人でも参列できます。家族葬だから呼ばなければいけない、呼んではいけない人がいるわけではなく、参列者を遺族側があらかじめ指定できるのが家族葬です。

 

②家族葬で香典や供花は受け取ってもいい?

家族葬でも一般葬と同じように香典や供花は受け取ってもかまいません。ただしお返しなど、その後の負担を減らす意味から、香典や供花をあらかじめ辞退するケースは多くみられます。もし、香典や供花を辞退する場合には、参列者へ訃報をお伝えする段階で早めに伝えるようにしましょう。

 

まとめ

今回は、宗像市における家族葬についてご説明いたしました。身近な方が亡くなると、様々な決めごとに追われることになります。悔のないよう、今できることをやっていただきたい。生前の準備でも葬儀のあり方でも、森の庵が大切にしています。

 

ご不明な点があれば、是非森の庵の公式資料を受け取りご確認ください。今なら資料請求をしていただくと葬儀費用が5,000円割引券をプレゼントいたします。

 

森の庵の資料請求