お葬式の豆知識

宗像市の葬儀の流れ

 

宗像市で葬儀をするなら「森の庵」

私たちは温かい旅館のような雰囲気の中で葬儀を執り行います。

生涯で最期の儀式が悔いの残らないものになるよう、心に残るお別れと想い出創りのために森の庵では様々なご提案をしております。

身近な人がお亡くなりになったら森の庵よりお迎え後、ご指定場所にご遺体を安置し、その後打合せになります。日程や手続きの説明、具体的なプランなどご相談をさせていただきます。

宗像市近郊での家族葬については家族葬専門森の庵までご相談頂ければ、丁寧にご説明させていただきます。

『人生最期の家族旅行』。

それは二度と過ごせない時間です。この大切な時を貸切でゆっくりとお別れをして頂けるよう、森の庵は皆さまを優しく包み込める存在でありたいと日々精進しております。

詳しくは、森の庵の公式資料からご確認ください。今なら葬儀費用5,000円割引券をお渡しします。

葬儀は亡くなった大切なご家族を弔い、送る重要な儀式です。ご遺族の深い悲しみの中で執り行われます。しかし、死別直後で心を休めることなく、慣れない事柄を決定していくことが必要です。今回は、宗像市で大切な方がご逝去された場合、どのように葬儀を行うかご説明いたします。

 

宗像市の葬儀の流れは?

宗像市の葬儀の流れは、「故人さまの搬送」⇒「葬儀の打ち合わせ」⇒「納棺」⇒「通夜・告別式」の順となります。それぞれの流れについて詳しく見ていきましょう。

 

1.搬送

まずは、葬儀社に連絡を入れてください。病院や警察からを搬送してもらいます。病院の霊安室では長時間の安置は認められていませんので必ず葬儀社に搬送してもらう必要があります。故人さまを葬儀社の安置室に搬送し、安置することになります。

 

2. 葬儀の打ち合わせ

故人さまのご遺志やご遺族の想いを形にするため葬儀社のスタッフと打ち合わせを行います。初めに日程を決定し、家族葬はもちろんのこと直葬・通夜・葬儀・一日葬などプランを決めます。それから、弔問客をおもてなしするお食事・返礼品などの詳細を考えていきます。それぞれのプランに合わせてゆっくり故人さまと過ごしていただきます。

 

3. 旅支度・お通夜などのセレモニー

打合せ後は、ご家族さまと一緒に故人さまの旅支度(ご納棺)を行います。

故人さまに触れる機会は、この時間が最後になります。

お通夜の開式1時間前までに皆さまにお集りいただきます。お通夜の際の振る舞いなど葬儀社スタッフがご説明させていただきますのでご安心下さいませ。

※プランによっては、お通夜を行わない場合もございます。