弔電で使えない言葉は?家族葬専門森の庵がお答えします。

福津市のお客様から葬儀の弔電についてのご質問その2

宗像市の家族葬専門の森の庵がお答えします。

弔電で使えない言葉はありますか?とのご質問がありました!

気をつけるポイントは5つ

重ね言葉(重ね重ね、いよいよ、ますます、など)

不幸を連想(つづく、なお、浮かばれぬ、など)

直接的な表現(死亡、死ぬ、生きる、など)

オーバーな表現(とんでもないこと、など)

音が不吉(四、九、など)

忌み言葉、不幸を連想させる言葉、生死についての直接的な言葉は使ってはいけません。

葬儀についてわからないことは福岡県宗像市にある家族葬専門の森の庵へお問い合わせください!

 

morinoan_chouden

 

member-btn