ハンバーグよりオムライスよりお父さんの甘〜い食パン 

morinoan-epi11

 

私がまだ、幼い時

甘いものは贅沢品でした。

我慢するのが当たり前の時代。

 

そのころ、最高の贅沢は

ハンバーグでもオムライスでもなく

父が作ってくれたオリジナルのパン

食パンにただ、バターを塗って

砂糖をまぶしただけの食べ物が

本当においしくて・・・

もう、ずいぶん昔の話です。

 

亡きお父様のそばで娘様がお話しされてました。

 

一緒に作りませんか?

そう提案させて頂こうと考えましたが

憔悴(しょうすい)しきった喪主様にお声掛けはできませんでした。

そっとして差し上げる。

 

それもまた、グリーフケアの一つであると思ったからです。

 

ご葬儀の日、少しずつ現実を受け止めつつある

家族を前に、

「お父様のオリジナルには、足元にも及びませんが

私なりにお作りしてみました。もしよろしければ」

と再現したパンをお供えさせて頂きました。

 

「不思議ですね。あの頃の親子に戻れた気がします」

喪主様の涙が印象的でした。

 

 

※グリーフケアとは

《グリーフ(grief)は、深い悲しみの意》身近な人と死別して悲嘆に暮れる人が、その悲しみから立ち直れるようそばにいて支援すること。一方的に励ますのではなく、相手に寄り添う姿勢が大切といわれる。悲嘆ケア。

 

plan-btn