炭坑節 〜遠い日の面影をたどって〜

月が~出た出た♪

 

旅立つその日まで病室で歌っていた炭坑節

morinoan-epi9

 

 

「お母さんその歌ずーと歌っているよね」と言ったら

「私がまだ、おかっぱだった頃、落ちてきそうな満月を見上げ父と歌ったの」

今まで聞いたことのない母の想いに

自然と熱いものがこみ上げてきたと

息子様が私たちに話してくださいました。

 

そして、

 

「最後はあんただけでええ」

「な~んもしないでくれ」

そう何度も繰り返していた・・・

 

そうもおっしゃいました。

 

 

かしこまりました。

お母様の遺志を尊重し静かに送って差し上げましょう。

イベントのような盛り上がりではなく

悲しめる環境、一緒に過ごす時間を大切に考える

 

森の庵でできることは何か

 

スタッフが出した答えは

 

お通夜の代わりに炭坑節を流し

皆で歌いお別れをする事でした。

 

遠い日の母の面影に出会えた気がしました

不思議とその情景が浮かびました

母にサヨナラを言えました

 

そう涙を流されたご家族。

 

森の庵でのお別れとは儀式を執り行うことではなく

 

「家族をもう一度結び付けるお手伝いをする事である」

 

そのことに改めて気づかされたお別れでした。

 

 

 

plan-btn