笑って泣いた最後の誕生日ケーキ

最愛のご主人様を亡くし、途方に暮れていた奥様。

 

亡くなった2日後がご主人様の誕生日だったこともあり、

 

「せめて誕生日は祝ってあげたかった」と

 

下を向いた奥様のお顔を忘れられませんでした。

 

私にできることは何かと考えた末に

 

ご主人様の好きだった苺ケーキを買ってきて

 

お通夜のお食事が終わったタイミングでお出しし

 

ささやかな誕生日パーティーをいたしました。

 

自然と笑みがこぼれどこからともなく始まった

 

「happybirthday」の大合唱。

 

その夜はなかなか想い出話が尽きなかったそうです。

morinoan-happy

 

 

plan-btn